女子的こだわり

女性向け賃貸物件 「ウォークインクローゼット」のある賃貸物件でしっかり収納!

賃貸をさがす際に妥協のポイントにされがちな収納スペース。
入居前は「このくらいで良いかな?」と思えた収納でも実際には収納力不足で、気がついたらお部屋に荷物が溢れてるなんて話も。 そんな状況にならないためにも、洋服や荷物の多い女性でも安心なウォークインクローゼットのあるお部屋を検討してみませんか?

「ウォークインクローゼット」のある賃貸物件でしっかり収納!

<b>そもそもウォークインクローゼットってなに?</b>

  • そもそもウォークインクローゼットってなに?

    一般的に洋室に収納がある場合、収納スペースとしてクローゼットが用意されています(和室の場合には押入れ)。クローゼットは洋服をハンガーに掛けられるように奥行きが60~80センチ確保されている物件が多いようです。

    その中でもウォークインクローゼットは、クローゼットの中に歩いて入れる奥行きのあるクローゼットのことで、物件によってはひとつのお部屋のような広さが確保されているものもあります。
    間取り図面にはWIC(ウォークインクローゼットの略)と記載されています。

    • 女子のちょいテク
    • 「奥行きが何センチ以上だとウォークインクローゼットと呼ぶといった定義が特にあるわけではありませんが、歩いて入れる程度に奥行きが確保されているので一般的なクローゼットよりも多くの収納力があるといえます。」

<b>収納に対する不満のない生活を</b>

  • 収納に対する不満のない生活を

    収納に関する調査では3割以上の方が現在の収納力に対して不満を持っていると回答しているほど収納は重要な要素の一つですが、物件選びの際の家賃や相対的なバランスを考慮した際に妥協される要素の一つでもあります。

    服を多く持っている方や雑貨が多いと自覚している方は、せっかくの新居なのに不満を抱えて生活をすることのないようにウォークインクローゼットのある物件をオススメします。

<b>エキサイト不動産から気軽に問い合わせてみましょう</b>

  • エキサイト不動産から気軽に問い合わせてみましょう

    ウォークインクローゼットのある気になる物件を見つけたら、まずは不動産会社へ気軽に問い合わせてみましょう。 早い会社だと数分から数時間で回答が届きます。
    間取り図だけでは分かりにくいポイントは直接現地を見て確認することをオススメします。 ご近所の状況や日当たりなど積極的に確認すると良いでしょう。

床面積に対する収納スペースの割合を収納率といいます。
アパート・マンションの収納率は6~8%程度で、一戸建てでは10%以上の物件が多いようです。

ワンルームや1Kの物件では収納がほとんど無い物件も少なくありません。
ウォークインクローゼットがある物件は相対的に収納率が高くなる傾向にあるので、洋服や雑貨などの荷物を効率的に収納するためにも収納率を意識したウォークインクローゼットのあるお部屋を選択すると良いでしょう。

首都圏で「ウォークインクローゼット」のある賃貸物件でしっかり収納!の物件を探そう!

東京
エリア
埼玉
エリア
神奈川
エリア
千葉
エリア

前回検索した条件で検索

保存されている検索条件はありません
(検索条件を自動で1件保存します)

最近保存した物件0

保存されている物件はありません
(アドレス登録不要)

最近見た物件(賃貸):0

全ての閲覧履歴を見る

閲覧履歴はありません

最近見た物件(中古マンション):0

全ての閲覧履歴を見る

閲覧履歴はありません

最近見た物件(中古一戸建て):0

全ての閲覧履歴を見る

閲覧履歴はありません

物件の口コミはマンションノートが提供をしています。マンションノートBeta

本サービスで表示される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。

エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

ページ上部へ戻る