専門家による不動産コラム

  • 住居用の不動産での相続税対策とは
    住居用の不動産での相続税対策とは
    不動産は、財産の中でも大きな部分を占める資産です。その相続が発生した時の相続税のウェートも、また大きくなります。不動産をお持ちの方は、やがて来る「相続」にも、しっかり備えておく必要があるでしょう。本稿…
  • 相続した都内の不動産 売却の手順と注意点
    相続した都内の不動産 売却の手順と注意点
    都内の不動産を相続した場合には、相続税が課せられる場合があります。相続した遺産の額が基礎控除額よりも少額であれば、相続税はかかりません。基礎控除額は「3000万円+600万円×法定相続人の数」となっています。…
  • 都内の不動産を相続し、売却するメリットとデメリットとは?
    都内の不動産を相続し、売却するメリットとデメリットとは?
    東京都は、世界でも有数の地価の高い地域ですので、都内で一軒家を所有されている方は、素晴らしい資産を持っているといえます。しかし、相続による所有ということになると、意味合いが少し変わってきます。 もちろ…
  • 階層で変わるタワーマンションの固定資産税を不動産鑑定士が解説―公平性には疑問も
    階層で変わるタワーマンションの固定資産税を不動産鑑定士が解説―公平性には疑問も
    (※2017年2月8日に公開した「階層で変わるタワーマンションの固定資産税を不動産鑑定士が解説一公平性には疑間も」で一部の記事の内容に誤りがありましたので、以下に訂正いたします。) 平成30年度からタワーマン…
  • 相続税の課税対象になりそうな都内のマンションとは?―相続評価額を確認しておきたい3つのタイプ
    相続税の課税対象になりそうな都内のマンションとは?―相続評価額を確認しておきたい3つのタイプ
    前回まで、二次相続で親の持ち家が戸建て「 23区で2次相続が生じやすいエリアとはー都内に親の持ち家がある方は必見! 」であるか、マンションであるか「 港区のタワーマンションで二次相続がどうなるかを検証する …
  • 港区のタワーマンションで二次相続がどうなるかを検証する
    港区のタワーマンションで二次相続がどうなるかを検証する
    東京都によると、都内に分譲マンションが約5.3万棟(約184万戸)。その内、23区には約9割の4.6万棟(約160万戸)あります(平成25年8月調査)。世田谷区が一番多く、上位10区で半数を占めています。 1位  世…
  • 23区で二次相続が生じやすいエリアとはー都内に親の持ち家がある方は必見!
    23区で二次相続が生じやすいエリアとはー都内に親の持ち家がある方は必見!
    前回の不動産のリアル「 都内で持ち家のある親が亡くなった場合の相続税はどうなるか 」で、二次相続で相続税が課税される土地の面積をザックリと説明しました。 東京都によると、23区内には戸建住宅(木造専用住宅…
  • 都内で持ち家のある親が亡くなった場合の相続税はどうなるか
    都内で持ち家のある親が亡くなった場合の相続税はどうなるか
    一次相続と二次相続を知っていますか? 両親のどちらかが亡くなって、残された親と子どもで相続することを「一次相続」といいます。これに対して、残された親が亡くなり、子どもだけで行なう相続を「二次相続」とい…
  • 相続する土地の価格はどう決まる?
    相続する土地の価格はどう決まる?
    国税庁の統計によると、平成26年の1年間で、相続税にかかわった人は、相続人(受け継いだ人)が約15.5万人、被相続人(亡くなった人)が約5.6万人でした。財産の種類別では、土地にかかわる被相続人が約5.2万人と全…

本サービスで表示される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。

エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

ページ上部へ戻る