専門家による不動産コラム

  • 住居用の不動産での相続税対策とは
    住居用の不動産での相続税対策とは
    不動産は、財産の中でも大きな部分を占める資産です。その相続が発生した時の相続税のウェートも、また大きくなります。不動産をお持ちの方は、やがて来る「相続」にも、しっかり備えておく必要があるでしょう。本稿…
  • 相続した都内の不動産 売却の手順と注意点
    相続した都内の不動産 売却の手順と注意点
    都内の不動産を相続した場合には、相続税が課せられる場合があります。相続した遺産の額が基礎控除額よりも少額であれば、相続税はかかりません。基礎控除額は「3000万円+600万円×法定相続人の数」となっています。…
  • 都内の不動産を相続し、売却するメリットとデメリットとは?
    都内の不動産を相続し、売却するメリットとデメリットとは?
    東京都は、世界でも有数の地価の高い地域ですので、都内で一軒家を所有されている方は、素晴らしい資産を持っているといえます。しかし、相続による所有ということになると、意味合いが少し変わってきます。 もちろ…
  • 階層で変わるタワーマンションの固定資産税を不動産鑑定士が解説―公平性には疑問も
    階層で変わるタワーマンションの固定資産税を不動産鑑定士が解説―公平性には疑問も
    (※2017年2月8日に公開した「階層で変わるタワーマンションの固定資産税を不動産鑑定士が解説一公平性には疑間も」で一部の記事の内容に誤りがありましたので、以下に訂正いたします。) 平成30年度からタワーマン…
  • 相続税の課税対象になりそうな都内のマンションとは?―相続評価額を確認しておきたい3つのタイプ
    相続税の課税対象になりそうな都内のマンションとは?―相続評価額を確認しておきたい3つのタイプ
    前回まで、二次相続で親の持ち家が戸建て「 23区で2次相続が生じやすいエリアとはー都内に親の持ち家がある方は必見! 」であるか、マンションであるか「 港区のタワーマンションで二次相続がどうなるかを検証する …
  • 港区のタワーマンションで二次相続がどうなるかを検証する
    港区のタワーマンションで二次相続がどうなるかを検証する
    東京都によると、都内に分譲マンションが約5.3万棟(約184万戸)。その内、23区には約9割の4.6万棟(約160万戸)あります(平成25年8月調査)。世田谷区が一番多く、上位10区で半数を占めています。 1位  世…
  • 23区で二次相続が生じやすいエリアとはー都内に親の持ち家がある方は必見!
    23区で二次相続が生じやすいエリアとはー都内に親の持ち家がある方は必見!
    前回の不動産のリアル「 都内で持ち家のある親が亡くなった場合の相続税はどうなるか 」で、二次相続で相続税が課税される土地の面積をザックリと説明しました。 東京都によると、23区内には戸建住宅(木造専用住宅…
  • 都内で持ち家のある親が亡くなった場合の相続税はどうなるか
    都内で持ち家のある親が亡くなった場合の相続税はどうなるか
    一次相続と二次相続を知っていますか? 両親のどちらかが亡くなって、残された親と子どもで相続することを「一次相続」といいます。これに対して、残された親が亡くなり、子どもだけで行なう相続を「二次相続」とい…
  • 相続する土地の価格はどう決まる?
    相続する土地の価格はどう決まる?
    国税庁の統計によると、平成26年の1年間で、相続税にかかわった人は、相続人(受け継いだ人)が約15.5万人、被相続人(亡くなった人)が約5.6万人でした。財産の種類別では、土地にかかわる被相続人が約5.2万人と全…
  • マンション売却で失敗しないためのPDCAとは
    マンション売却で失敗しないためのPDCAとは
    ゴールデンウイークが終われば、不動産の売買も?忙期を過ぎ、比較的落ち着いた市場となります。一方、既に不動産を売りに出している方にとっては、休暇の余韻をのんびりと楽しむわけにはいきません。せっかくの資産…
  • 都内のマンション売却 査定で失敗しないコツ
    都内のマンション売却 査定で失敗しないコツ
    都内のマンション売却において、「いつ、いくらでそのマンションを売り出すのか」は、とても重要です。中古マンション市場の動向を捉えて売り時を確認し、相場に合った価格で売り出すことが、売却を成功に導く秘訣と…
  • 公務員は住宅ローンで金利優遇が受けられるのか?
    公務員は住宅ローンで金利優遇が受けられるのか?
    「公務員であれば、住宅ローンの金利優遇が受けられる」と一部で言われています。公務員は金利優遇を「受けやすい」属性であることは事実ですが、あくまでも可能性の話。やみくもに「公務員は必ず優遇される」と考え…
  • 不動産売買での仲介手数料の相場とは?(2)上級編
    不動産売買での仲介手数料の相場とは?(2)上級編
    不動産売買の仲介手数料について2回にわたってご紹介しています。前回は「 (1)基礎編 」と題して、 ・仲介手数料は法律で「上限」が定められている ・8割以上の不動産会社が「上限」の手数料を適用している …
  • 不動産売買での仲介手数料の相場とは?(1)基礎編
    不動産売買での仲介手数料の相場とは?(1)基礎編
    一般の方が、自力で不動産の売買をするのはハードルが高いものです。契約の相手を探したり、契約に法律的な問題がないかを確認したり、契約書を作成したりと、やるべきことがたくさんあります。そのため多くの方は不…
  • 4月以降の中古マンション売却で成功する方法
    4月以降の中古マンション売却で成功する方法
    年度の変わる3月末は、引っ越しなどで人が動くピークで、最も不動産が売れやすい時期だと言われます。 一方、前年度から物件を売り出しているのに、3月末になっても売却できず、落ち込む方があるかもしれません。…
  • プロが教えるマンション売却の価格設定で失敗しないポイント
    プロが教えるマンション売却の価格設定で失敗しないポイント
    自宅マンションを売却に出そうと検討している方、売却に出してはいるけれどなかなか売れないで困っている方、3月は「不動産の繁忙期」といわれ最も取引が活発な時期です。この時期を逃がしてはいけません。売却のコ…
  • 不動産購入で値引きをしやすいタイミングとは?
    不動産購入で値引きをしやすいタイミングとは?
    桜の開花宣言が各地で聞こえてくる季節となりました。年度が替わる3月は、不動産取引が一番活性化する時期で、どの不動産会社の営業マンも多忙を極めています。さて、不動産の購入は一般の方にとっては一生にそう何…
  • 居住中のマンションを売却するときの注意点
    居住中のマンションを売却するときの注意点
    現代は、今の家を「守る」「子に遺す」といった考え方にこだわらず、ライフスタイルや家族構成の変化に合わせて住まいを変える人が少なくありません。特にマンションの場合は、売買もしやすく住み替えが容易とされて…

本サービスで表示される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。

エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

ページ上部へ戻る